秋のイギリス・コッツウォルズとロンドン8日旅

2015.12.16

19_4日目_衛兵の交代 パンクラス駅
今回のハネムーンはTY&SYさんご夫妻
■担当 :TAKESHI MIYAJIMA
■エリア :イギリス
■時期 :2015年9月

相談内容

当初は大手旅行会社でイギリス行きのパックツアーを相談していたが、ビートルズ縁の場所やコッツウォールズにも自由に行ける好きなコ-スが見つからす、その折オリジナルツアーを創ってくれる旅行会社があることを知り、ご来店されました。

提案内容

ビートルズ縁の場所に行きたいとお聞きした時、先ず「リバプールとロンドン」と連想し、私の好きなコースでもあり、すでに日程が出来上がっていましたが、、、 それからいろいろ検討を重ねて、最終的には「牧歌的なコッツウォールズの1日」を加えて、ロンドンをゆっくり散策する旅を
ご提案いたしました。

旅行スケジュール

1日目:中部国際空港出発 夕刻ロンドン着 ホテルへご案内いたします。    ロンドン(泊)
2日目:終日お2人のプランで市内散策(路線バスがお薦め)             ロンドン(泊)
3日目:終日お2人のプランで市内散策(地下鉄が縦横無尽に走っています)  ロンドン(泊)
4日目:牧歌的で古き良きイギリスが薫るコッツウォルズに出かける        ロンドン(泊)
5日目:終日お2人のプランで市内散策 (路線バスがお薦め)           ロンドン(泊)
6日目:終日お2人のプランで市内散策 (路線バスがお薦め)           ロンドン(泊)
7日目:ロンドン出発                                       機中(泊)
8日目:中部国際空港着

ハイライト

2日目:
ホテルで朝食を取り、グリーンパーク駅前の公園・グリーンパークを経てピカデリー・サーカス駅方面へ歩く、途中バーリントン・ハウスの前で一休み 、、、、

<ナレーション=影の声>
ガッツリ朝食を取り、準備万端で出発、、バーリントン・ハウスはその昔私邸であり、それを政府が買収して拡張、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(=王立芸術院)がその一部となった、、、
ちょうどこの道の向こう側に「フォートナム・メイソン」という王室御用達=ロイヤルワラントに登録される300年の歴史を誇る老舗百貨店がある、、、さあロンドンを歩くぞ、、!
01_1日目_朝食02_1日目_街を散策05_1日目_ビッグベン03_1日目_街を散策04_1日目_公園で休憩06_1日目_テートモダン
ート・モダンアンディー・ウオーホールの「マリリン・ディプティック」を鑑賞~

<ナレーション=影の声>
確か以前は発電所だった所
でテームズ川の向こう側にある、、、そこから徒歩約10分ほどにある「ロンドン・アイ」などと共に最近のロンドンの人気スッポットである
07_1日目_テートモダン

3日目:
地下鉄でコベント・ガーデン駅で下車、念願の「ポール・スミスの第1号店
を探しに出かけるが、途中で迷子になり、地図を見ながらなんとか辿り着きました、、、、感激! ここだ!、、
中に入るとさすがに老舗だけあり、独特な空気に飲み込まれてしまい、ウインドウショッピングとなってしまいました、 ~もう1軒「ニールズ・ヤード・レメディーズ
」でハーブコスメをゲット!
最近 金沢店がオープンしました、そして「大英博物館
を廻りました。歩きに歩いた一日でした、

<ナレーション=影の声>
ロンドンの地下鉄は世界で最も古く100年以上前から走っているのだ! ポール・スミスとパブランチの風景写真、、まさにどちらもイギリスの典型的なシーンだ、、これにフィッシュ&チップスがあれば完成形になる、、、また大英博物館は必見です、、ちゃんと寄付しました、、、、

09_2日目_paulsmith1号店11_2日目_昼からパブ

08_2日目_地下鉄で移動10_2日目_迷子12_2日目_大英博物館
4日目:
憧れのコッツウォルズへ出発、、、 今日も良い天気です~
ローズマリーコテージに立ち寄り~バーフォード ~ バイフリー ~ ボートン・オン・ザ・ウオーターなどを巡りました、、このエリアは古くから羊毛貿易で栄えた村でもあり、骨董品店が多くあった、最近はティールーム、カッフェ、パンケーキ屋さんなどができ、川や森に囲まれてのどかな1日でした、

<ナレーション=影の声>
コッツウオルズは人と自然が織りなす牧歌的なエリアで、最近は映画「ハリーポッター」のロケ地でも人気になった、、石橋のかかる清流に白鳥が泳ぐような典型的なイギリスの古き良き街並が続く、、、大都会・ロンドン散策に1日組入れるとゆったりとした時間が流れて、いろんなシーンのイギリスが展開して楽しいですね、、、
14_3日目_コッツウォルズ15_3日目_コッツウォルズ


13_3日目_コッツウォルズ16_3日目_コッツウォルズ17_3日目_コッツウォルズ
5日目:
これを見ずにはいられない風物詩「バッキンガム宮殿の衛兵の交代」を見学~周辺を散策していると偶然にあの懐かしい2階建バス「ルートマスター」がやって来るではありませんか、思わず飛び乗り、ロンドンブリッジへ、 またまた偶然にも「タワーブリッジ」の橋桁が跳ね上がろうとしているシーンに遭遇、、ラッキーでした  コベントガーデンでバブランチを取り、また美味しいビール、、、ラガーにしようかギネスにしようか、、ロンドンは路線バスがメチャ便利です~
そしてハロッズでショッピング、、、今日も路線バスで市内を爆走中!
18_4日目_衛兵の交代27_5日目_ルートマスター - コピー

19_4日目_衛兵の交代23_4日目_タワーブリッジ20_4日目_ハロッズ22_4日目_毎日パブ21_4日目_毎日パブ
<ナレーション=影の声>
バッキンガム宮殿の衛兵の交代は懐かしいですね、、今でもドラムの音が聞こえてくるようです、、(昔この界隈で仕事していました、、)~今でもエリザベス女王が住んでる宮殿です、週末はウンザー城で過ごされています、、(ここでも衛兵の交代もあります)、、ハロッズは王室御用達のデパートですが、モットーは「あらゆる商品をあらゆる人々へ、あらゆる場所へ」です

6日目:
今日は楽しみの一つ「ピートルズとハリーポッターの縁の場所」を探索します、
先ずはリージェンツパークの近く「アピーロード」「アビーロード・スタジオ」~キングスクロス駅の隣の「セント・パンクラス駅」へ、ここは世界でも美しい駅舎として有名であり、映画「ハリーポッター」でホグワーツ魔法魔術学校へ出発するシーンをここで撮影しています。隣の「キングスクロス駅」のプラットフォーム9、3/4にはホームには持ってゆくカバンが今はホームではなく、写真のように壁に張り付いて置いてあります、、、明日 日本へ帰ります、、、とにかく歩きました。
26_5日目_アビーロードOLYMPUS DIGITAL CAMERA

25_5日目_アビーロード31_5日目_世界で最も美しい駅
29_5日目_休憩28_5日目_休憩
<ナレーション=影の声>
路線バスで北へ、リージェンツパークのセント・ジョンズウッド駅で下車、憧れの「アビーロードの横断歩道」でお決まりのポーズ(歩く)でカシャ! 全ては体力が決めてですね、、、飲んでコ、、、飲んでコ! またいつかイギリスへ来ます、
32_5日目_世界で最も美しい駅
 

お客様の声

ツアー旅行ではなかったため、自由に行動することができ、とても充実した時間を過ごせました。地下鉄”チューブ”や2階建バス”ダブルデッカー”での移動は現地の生活を感じることができ、存分にロンドンの空気を味わうことができました。特に街のいたるところにあるパブはお酒好きな我々の大のお気に入りになり、毎日いろんな店に通いました。
多少の困難はありましたが、(食べ物がイマイチなこと、物価が高いこと、イギリス英語が全く聞き取れなかったこと、、、、) それも良い思いでです 20年後になるか30年後になるかわかりませんが、またいつか2人でイギリス旅行に行きたいと思っています、、、

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks