夏の北欧紀行10日間サプライズ付(フィヨルドクルーズとフロム鉄道の旅)

2015.9.24

2015-07-19_17-30-06

2015-07-19_16-30-20(01)

回のハネムーンはHY & KYさんご夫妻
■担当 :TAKESHI MIYAJIMA
■エリア :北欧(フィンランド・ノルウエー)
■時期 :2015年7月

相談内容

以前に企画手配させていただいたお客様のご紹介のお2人、ご来店された最初から「北欧の街を自由に歩きたい!フィヨルドでクーズにも乗りたい、、、」何コースか教えてほしいと、もう勉強されているご様子のお2人でした。

提案内容

日本語エスコートが同行する現地ツアーがお薦めです。鉄道ファンに人気のノルウエーの山岳地帯を走る「フロム鉄道」」に乗車してフィヨルドで1泊する、白夜も体感でき、首都のオスロと小さな可愛い街・ベルゲンとフィンランドの近代的でお洒落な街・ヘルシンキを併せたコースをご提案いたしました。

旅行スケジュール

1日目:関西空港発エールフランスで出発(パリ経由)                     オスロ(泊)
2日目:終日オスロで市内散策                                    オスロ(泊)
3日目:いよいよ1泊2日のフィヨルドツアーに出発です

専用バスで先ずヤイロへ途中ゴルでランチ、ベルゲン鉄道の車窓からは
わずかな残雪と山間の美しい湖や村の景観を楽しみながら途中「フィンセの滝」
で停車して絶景を望みます ミュールダールで「フロム鉄道」に乗り換えて、
息を呑むような急勾配の線路を一気に下ります 途中「ショースの滝」で停車、
ソプラノの歌と写真ストップ。
ステーガスタイン展望台で壮大なアウルランフィヨルド鑑賞                                 フロム(泊)

4日目:この旅のハイライトの「ソグネフィヨルドクルーズに乗船」

長さ17㎞のネーロイフィヨルドの絶景航路を堪能いただけます。
標高1700m級の山々から無数の滝が見られる景観は圧巻です
フィヨルドが眺められるレストランでランチ、スタールハイム渓谷へ
途中ツヴィンデの滝で停車して10年若返るというその水を飲めます
ツヴェンテの滝~バスでベルゲンへ 魚市場~世界遺産の木造家屋
ブリッゲン地区~ベルゲンの眺望が素晴らしいフロイエン山を散策い
たします。                                                                                     ベルゲン(泊)

5日目:自由、気ままに市内散策~とにかく見るもの全てが鮮やか、                                     
TV番組「世界ふれあい街歩き」のような気分で徒歩観光が可能な街、
魚市場で食べたハンバーガーがメチャメチャ旨いのなんの、、、
憧れるなああああ、、、こんな街                                        ベルゲン(泊)

 6日目:ベルゲンからヘルシンキへ移動                          ヘルシンキ(泊)
 7日目:市内散策                                         ヘルシンキ(泊)
 8日目:市内散策                                         ヘルシンキ(泊)
 9日目:ヘルシンキ発(パリ経由)                                        機中(泊)
10日目:関西空港着

ハイライト

<オスロ>
天気も良く 早速市内散策へ。中でもヴェーゲラン公園がユニークで感激!
地元では有名な彫刻家のプロデュース。テーマが「人間の一生」、スクラムを組んでいたり、コソコソと何んか話しているポーズ、彫刻に跨ったり、同じような格好して記念写真を撮ったりと、よく分かりませんが不思議な公園で最高でしたね! 本日は晴天なり!!

2015-07-17_18-47-582015-07-17_18-33-392015-07-17_18-35-542015-07-17_18-43-132015-07-17_18-35-132015-07-17_18-45-09

2015-07-17_20-18-032015-07-18_00-13-032015-07-17_20-30-29

<オスロ出発~ヤイロ、ミューダールでフロム鉄道に乗車~フロムへ>
待ちに待ったフィヨルドに出会うツアーで出発、未知の世界にわくわくします。
バスでヤイロ駅まで行き、途中いろんな山々、湖をどんどん過ぎてミュールダール駅で鉄っちゃんには感激の「フロム鉄道」に乗り換える。途中一時停車していろんなパフォーマンスが繰り広げられます。 先ず「ショウースの滝」で停車、大滝に呑まれるような場所で乙女がソプラノを歌ってくれます。  (実は演劇学校の女学生のアルバイトらしい、、、) 自然とテンションが上がる!!

2015-07-18_22-19-312015-07-19_00-31-002015-07-19_01-09-162015-07-19_01-11-152015-07-19_00-30-052015-07-19_00-29-59

その後スターガスタイン展望台で一休み、素晴らしい絶景が続く、、、フィヨルドが近いことを感じさせられる景観に圧倒される。

2015-07-19_01-59-472015-07-19_02-02-51

やっとフロムのホテルに戻って、取りあえずビールで乾杯! ただ通常はもうすっかり暗くなってもいい時間帯ですが、ここは北欧でした! 日が暮れないのです! 神秘な空気が流れているようです。

2015-07-19_03-28-022015-07-19_04-59-57

ナレーションの声>
はお2人にとってはスペシャルな日です。
実は新郎様が今回の旅行中に彼プロポーズをしようとサプライズを計画していました。ノルウエーの白夜のホテルでそのタイミングをはかって、「結婚してください、、、」と、、
い返事をもらえて私もホットしました、、やったあああ、、、!!

エンゲージリングだ! ムッチャ! おめでとうさん! (ナレーションの声)

2015-07-19_05-56-25

<フロム~フィヨルドクルーズに乗船~グドヴァンゲンで下船~ベルゲンへ>
今日、いよいよ世界最大のフィヨルド・ソグネでクルーズを楽しみます。気のせいか、わくわく
どきどきしています。天気はまあまあ、クルーズ中 カモメがいっしょに飛んでくれたり、餌を空中に投げるとキャッチしてくれたりと人間に馴れているというか、さすが観光地の
カモメですね。

フィヨルドとはノルウエー語で「深く入り組んだ入り江」のことで2005年にガイランゲンフィヨルドが世界遺産に登録され、世界屈指の人気のスポットになった。今回クルーズするソグネフィヨルドは大きさでは世界2位であり、そのスケールと美しさは四季折々人々の目を楽しませてくれます。
2015-07-19_17-45-282015-07-19_18-30-302015-07-19_16-40-412015-07-19_16-20-302015-07-19_17-35-102015-07-19_17-43-282015-07-19_17-30-06

グドヴァンゲン着後バスに乗り換えて一路、昔のノルウエーの首都・ベルゲンへ出発
途中、スタールハイム展望台で素晴らしい渓谷美を見てツヴァンデの滝に立ち寄る。
の滝の水を
飲むと10才は若返るという言い伝えがあるそうだ。
では早速一杯いただく、、、、もっと飲めばよかったなああ、、

実はこの滝は今年人気アニメ「アナと雪の女王」のワンシーン風景のモデルになったといわれています。
2015-07-19_21-08-322015-07-19_20-10-262015-07-19_21-13-042015-07-19_21-17-502015-07-19_19-40-46

<ベルゲン>
魚市場に到着して早速フロイエン山へ 標高300メートルの憩いの丘ですが、ここからベルゲンの眺望が素晴らしい。世界遺産ブリッゲンというベルゲンを象徴するカラフルな可愛い建物が並んでいる。思いのままに市内を自由に散策できる理想的な小さいな街だ。
特にブリッゲンはベルゲンを紹介するガイドブックに「よく見るカラフルな建物」で1360年にはここにハンザ同盟のオフィスが置かれ、ドイツ人商人たちの居留地でした。かつては乾燥ダラの輸出で繁栄をもたらし、今でもタラを出し入れする滑車が残っている
1979年に世界遺産に登録されました。

2015-07-19_23-30-50

2015-07-21_00-12-012015-07-20_22-38-342015-07-20_02-01-272015-07-21_05-05-282015-07-21_00-38-272015-07-21_00-05-082015-07-20_02-02-042015-07-20_22-55-532015-07-20_22-58-142015-07-20_22-38-342015-07-20_20-32-562015-07-19_23-34-16

<最終訪問地・ヘルシンキ>
いよいよ今回の旅の最終訪問地のヘルシンキ、行きたいところが沢山あるが、絞りに絞ってまとめました。大聖堂、スオメンリンナ要塞、イワノ教会~ マリメッコではショッピングの他に誰でも自由に入れる社員食堂にいってきました。カジュアルな雰囲気のお洒落な食堂で料理も美味かった、お薦めですよ。 次に映画で人気の「カモメ食堂」へ  路線バスでなんとか辿り着き、そのせいか映画のワンシーンが頭をよぎり 懐かしくなりまね、この街はいくら歩いても飽きない不思議な空間と時間だ。 フィヨルドの大自然とお洒落な北欧の街のハーモニーが心地良かったね、、 みんなそれぞれの風と匂いを感じました  また来たいね、、、

2015-07-22_18-24-16(01)2015-07-21_23-49-462015-07-22_17-15-202015-07-22_18-34-092015-07-23_16-01-472015-07-21_22-51-092015-07-22_01-12-512015-07-23_16-09-422015-07-23_23-43-502015-07-21_22-56-482015-07-21_22-30-44

 

 お客様の声

「個人旅行で北欧を散策したい!でも拙い英語で無事に帰って来られるだろうか、、、」
旅行前は不安と期待が半々でした。しかし、結果的には安心安全に北欧を満喫できました。
遠方のフィヨルド観光では日本人向け現地オプショナルツアーに参加したり、空港への移動では送迎がついていたりと、初心者が”やらかさない”プランを組み込んでくださったので非常に安心でした。逆に街歩きでは自分たちで行きたいところに時間を気にせずにいることができました。ベルゲンでは観光地から離れ、住宅地を散策、、、!偶然に発見した城跡の丘から見えた「真っ青な海」と「赤黄の屋根」地元民憩いのカッフェでのんびりした時間、、、、忘れられない想い出になりました。 次はどこに行こうか、早くも考えています。

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks